So-net無料ブログ作成
検索選択

セックスフレンドも女性

セックスフレンドも普通の女性なんだな。って最近思う。
男とするなんてありえないし、当たり前のことなんだけど、
いや、なんとなくね。sexが好きな人って、結婚や出産より遊びって勝手に思ってたけど、
この間セックスフレンドがパソコンに向かって真剣に何かを読んでたから、
?と思って覗いたら、「子どもを産む身体作りに大切なこと」

ああ、そういうこともちゃんと考えてるんだって思った。

一応内容はこんな↓
明治安田生活福祉研究所の「結婚・出産に関するアンケート調査」によると、子どもを欲しいと思っている独身男女の割合は86%と、約8割の人が子どもを望んでいるという結果が出た。独女にとっても、妊娠・出産はとても気になるテーマなのだ。

巷で「子どもを生むなら35歳まで」とよく耳にするのは、統計上、医学上、女性が35歳以上で子どもを産むことを「高齢出産」と定義づけいるのがその理由で、高齢出産は母体に過度な負担がかかることや、流産や早産のリスクが高まるといわれている。

「まだ結婚もしていないのに出産なんて気が早い」と思うかもしれないが、いつか、かわいい我が子をその手で抱きしめたいと考えているならば、相手探しと同時に子どもを産むための身体作りも意識したいところ。

まず、出産に備え、大切なことの一つに健康的な食事が挙げられる。だが、妊娠時に必要な栄養といっても、たんぱく質、カルシウム、葉酸、食物繊維、鉄分など多岐に渡り、すべてを意識しながらの食事は大変だ。

それならば身体の中で作り出すことができない「カルシウム」に注目してみるのはいかがだろうか。カルシウムは子どもの骨を作ったり、血液のとなる重要な成分。妊娠中にカルシウムが不足すれば、子どもの発育の妨げにとなり、流産、早産、出産時の異常出血にも繋がる恐れもある。

だからといって、カルシウムは単体での吸収が難しい栄養素でもあり、ビタミンDなどその吸収を助ける栄養素の力も必要だ。大事なことは、カルシウムを軸としたバランスのよい食生活を意識すること。また、適度な運動も必要だろう。来るべきその日に向け、自分の身体と将来の子どものために、今からできることを始めてみよう。

まあ、ごく普通といえば、普通の健康的な生活って感じだね。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。